So-net無料ブログ作成

2分の1が経過しました [勉強]

 今年の5月からLECに通い始めて6ヶ月経過しました。そして、来年の短答試験が行われるであろう5月まで、後6ヶ月程となりました。気づいたら、すでに折り返し地点に来ていました。戸惑いながらここまでやってきましたが、振り返る余裕は全くありません。未だに山の頂上は見えてこないのは勿論のこと、自分の立ち位置がどの辺なのかも把握できていません。このままで良い結果が出せるのかは、未だに不安です。
 LECのカリキュラムは現在短答基礎力完成講座に入りました。逐条的にポイント整理できるので、これが終了した頃には一応条文には一通り目を通したことになります。その頃には何か見えてくるでしょうか。さらに、本講座の後は実践編が待っています。その頃には自分のポジションが見えてくるのではないかと期待しています。
 当面の勉強内容は、短答対策として、短アド+四法対照+短答過去問集を、同時に論基礎のレジュメ+アルファを用いて論文書きなどを進めて行こうと思っています。そして、おっと忘れちゃいけない選択試験の勉強ですが、週に1度は確保しないとかなり遅れています。やばいです。
 とりあえず勉強時間の配分が課題です。年末ですが、飲んでる暇は無さそうです。2009年はすぐそこまで来ているのですから・・・

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

筆記具について検討してみました [アイテム]

論文の答練を受けながら、ボールペンについて検討してみました。
ご覧の方にも参考になれば幸いです。

(1)ドクターグリップ(0.7mm)
 ・握りやすさ:
   太さは自分には合っていると思います。しかし、力み過ぎてしまうと少しずつ
   滑ってしまい保持が不安定になることがありした。もう少し軽く握れば解消
   される問題でしょう。長時間使用での疲れは少ないです。
 ・インキ:
   渇きが遅いのが気になります。にじみはありません。
 ・使用時の所感:
   ボールの回転が安定していてカスレなどはありませんので、書き直すことが
   ありません。信頼性は高く安心して使用できます。インキの渇きが遅いため
   に、手に付着して紙を若干汚してしまいます。インキが時々ペン先に溜まる
   のが気になります。筆圧は軽いです。
 ・総合:
   持ち方に慣れることと、紙の汚れが気にならなければ、スムーズに安定して
   書けるのでとても良いです。





(2)ユニ ジェットストリーム(0.7mm/1mm)
 最近文房具屋でもPOPが置いてあったりして売り出し中のペンです。
 ・握りやすさ:
   少し細い気がしますが、エンボス付きのラバーグリップはフィットします。
   ただ個人的には長時間の使用では疲れやすかったです。
 ・インキ:
   真っ黒で、速乾です。にじみはありません。
 ・使用時の所感:
   書き出しから非常にスムーズで驚きました。油性とは思えない書き味で、
   書いていて心地が良いです。筆圧も低めです。しかし、本当に時折です
   が、ボールが回らないことがありました。そのための書き直しが少々スト
   レスです。
 ・総合:
   ボールが回らないことがなければほぼ完璧でした。そのボールも滅多に
   起きるわけではないのでそれが気にならない場合はこれはお勧めです。





(3)ユニ パワータンク(1mm)
 インクを300hPaの加圧で押し出すので逆さでも書けるボールペン。
 ・握りやすさ:
   エラストマーのエンボスグリップは少し太めで握りやすいです。
 ・インキ:
   乾きはまずまず。通常の油性インキという感じです。
 ・使用時の所感:
   加圧のお陰でしょうか、ボールが安定して周り、インキがかすれる事は
   ありません。細かいことを言うと、書き始めが少しインキの出が少ないと
   感じることがあります。筆圧は比較的高めになります。長時間書くと疲
   れるかもしれません。
 ・総合:
   カスレがないという信頼性の高さがとても良いです。ゲルインキに比べ
   筆圧が高めなので、個人的には長時間の使用には耐えられないかも
   しれないと思います。それから替芯が100円と、他のペンより若干高め
   かと思います。





(4)ペンテル エナージェル(0.5mm/0.7mm)
 インキの速乾性が売りです。
 ・握りやすさ:
   キャップ付きのタイプを使ってみたのですが、グリップはホールド感がもう
   少し欲しいところです。慣れるしかないと思います。長時間使用したときの
   疲労感はありませんでしたが、なぜか書くスピードがゆっくりになってしまう
   気がしました。これも慣れの問題かもしれません。
 ・インキ:
   売りにするだけのことがあって、水性かと思うほど出が良くて、しかも
   超速乾です。ただ、紙質によっては、にじみますので要注意。論文の
   用紙は全く問題ありませんが、四法対照のような薄い紙にはにじむ
   ので使用しないほうが良いでしょう。
 ・使用時の所感:
   水性インキのボールペンを使っているような感覚で書けます。筆圧は
   軽いです。インキが流れるように出るので書くスピードで太さが変わり
   ます。ボール径の割に太目の字になります。0.7mmも使ってみました
   が、論文には0.5mmが良さそうです。
 ・総合:
   紙との相性も考慮して論文用はこれを使おうかとも思うのですが、この
   ペンを使うとなぜか書く速度が遅くなっている気がするのでもう少し検
   討する必要してみます。グリップ感が少し気になる件についてはキャップ
   式とはグリップ形状が異なるノック式が売られているので、そちらも使って
   みようと思います。





(5)パイロット HI-TEC-C 0.25(0.25mm)
 相武紗季ちゃんのCMが印象的で、買ってみました。
 このペンはとても細い字が書けるので、四法対照への書き込みなどで使え
 ると思います。多色なのも魅力かもと思います。





(6)ぷにゅぐりっぷ
  これを買って、付けてみようと思ったところ、これがつけられる程度の太さ
 のボールペンって意外と少ないです。。。最近のノック式のペンはグリップ
 が太めですし、キャップ式は、キャップをはずして、プニュグリップをつけ・・・
 というのが結構面倒だと思いました。しかし、付けた後は完全に手に固定
 された感じで、安定感バッチリ。試験用というよりも、ペンの持ち方強制&
 練習用に向いているかもしれません。





以上です。
万年筆についても試してみたいところですが、相当の金額してしまいますので、店頭で試書きしてから検討したいと思います。
ペンの検討は程々にして、自身の能力と腕を磨かなければとも思うのですが、道具選びは楽しいです。

これをご覧になった、あなた!他にお奨めありましたらコメントにてお願いします。
m(_ _)m


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

論文の予習復習 [論文]

 LECの論文基礎力完成講座も残すところ後わずかとなりました。僕の論文を書く基礎力は完成に近づいているのでしょうか。。。特実の論文が全て添削されたので、総括してみました。
・あてはめがきちんと出来ていない
・主体、客体、時期、手続きという要件をきちんと挙げる必要があった
・原則→例外の流れに沿って書けていない

一般的な内容としては以上ような問題が多く指摘されていました。個別には、知識が不十分なところは沢山ありました。まぁ初学者としては当然の内容だと思います。点数は、今は気にする必要はないでしょう。改めて自分の平凡さを自覚し、人並み以上の努力無しでは合格もないことを確認しました。
 論文基礎力完成講座は、予習中心でやってきましたが、復習して書けなかった項目を書けるようにするのも必須だと思います。論文は書いていて楽しいし、赤ペン先生の添削も、学生に戻った気分で楽しいのですが、実際に実力アップさせるためには相当の努力が必要でしょう。論理的理解力、知識の記憶、記憶の維持、そしてアウトプット、これらを着実に向上させていくしかなさそうです。

最近風邪を引く人が増えてきました。
体調には気をつけて、身体を冷やさないようにして頑張りましょう~!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。