So-net無料ブログ作成

平成21年度弁理士試験の選択科目を受験したこと [勉強]

 平成21年7月26日に選択試験を受けてきました。場所は國學院大學。先日書いた出題予想は見事的中、というか出題範囲はそれほど広くないので誰でも予想が出来る内容でした。サプライズが無くて良かったです。
 とはいえ初めて受ける試験ですからペースがうまくつかめず慎重になりすぎました。下書きは白紙に完璧に書いたのですが、これに時間を掛けすぎてしまい解答用紙に写す作業が少なすぎました。お陰で乱暴な解答になってしまいましたが60点を下回ることはないと思います。
 選択科目の試験についてはネット上でもあまり情報がなく試験勉強を始めてからずっと不安でした。結果はともかく試験を受けたことでその不安は解消されました。
 解答用紙は枠の外側に記載されている内容が必須と異なるものの、形式は必須の解答用紙と同じものでした。昨年までは裏が白だったようですが、今年は1科目のみの受験なので問題数が増えたこともあり表裏に罫線がありました。この解答用紙に理系の問題の解答を書くのはやりづらかったです。事前に少し練習して置けばよかったと思いました。
 僕は理工Ⅰで受験したのですが、視界に入る周囲の人の参考書などを見る限り基礎材料力学を選択した人が多いような気がしました。僕は昨年までは制御工学で受験しようと思い、特に古典制御についてはそれなりに勉強しましたが、基礎材料力学を選択してよかったと思いました。問題を見る限り、制御工学のほうが難しいと思ったからです。
 それにしても、自信を持って合格、といえません。この際必須が駄目でも選択科目はせめて受かって欲しいと思うのですが、結果が発表するまでは分かりません。僕の場合は試験を受けた後になって「受かっていて欲しい」と欲が出てしまうのが良くありません。そんなことを考えても仕方ありませんから淡々と結果を受け止められるようにしたいところですが、精神を安定させることが苦手なようです。修行が足りませんな。





nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

選択試験直前の心境 [勉強]

 金曜日の夜です。いよいよ明後日の日曜日が選択試験となりました。論文の必須科目を終えてからはモチベーションが上がらず、TVを見る時間が増え、だらだらと勉強してしまいました。過去問を見るとそれほど難しくないので気が緩んでしまったのだと思います。しかし正直に言って自信はありません。心の中で「やらなきゃマズイな。」という思いと「なんとかなるだろう。」という思いが交錯しています。そしてそんな自己分析をして自分の精神力の甘さを痛感して自己嫌悪に陥るのです。
 僕にとって弁理士試験はいくつかの意味があると思いますが、精神力の弱さを確認する機会にもなっています。自らを律すること。精神的に安定すること。こういうことも30代後半の弁理士試験受験には大切なことだと思います。
 明日はテキストの問題を一通り押さえて、静かに体調を整えて本番に臨む所存です。

 本音のところは、「兎に角早く試験が終わって欲しい。」です。。。

 話は変わりますが、平成14年度から平成20年度までの基礎材料力学の論点、出題内容から、今年の出題傾向を予測してみました。
 ・主応力
 ・内圧円筒
 ・熱応力
 ・断面二次モーメント
このあたりが出やすいと勝手に予想しました。今年からは選択試験が1分野のみに限られますので、大問が四つ出題される可能性があります。そうすると上記以外に
 ・梁のたわみに関する問題
 ・不静定梁
 ・トラス構造
このあたりまで押さえておけば合格点は取れるかな。その他ねじりや座屈は近年の傾向からは出にくいかなと予想します。
 次のブログ更新は選択試験が終わった後になると思います。


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:資格・学び

選択試験対策中ですが・・・ [勉強]

 海外に出張中です。近いところに短期間なので勉強にもさほど影響ないと思いますが、一応選択試験用のテキストを持参してきました。
 昨年は選択試験のことでかなり悩み、制御工学を選ぼうと思っていました。そのために本も数冊購入したし、ラプラス変換や部分積分にはじまり、それなりに勉強もしました。しかし結局本番は基礎材料力学で受けようと思っています。もともと1年前に、まだ選択試験が2科目だと思っていた頃は制御工学と基礎材料力学で受けようと思っていました。そこで比較的苦手の制御工学から始めたのでしたが、結局1科目のみでよいことになりました。さらにLECの講座で基礎材料力学があったことから、これに頼ることにしたのです。大学を卒業して十数年経っている僕にとっては、やはり予備校の講座は効率が良くて助かります。まだどうなるか分かりませんがこれから本番までの10日余りが勝負です。
平成14年以降の選択試験、特に基礎材料力学に関してはかなり易化しているようです。確かに過去問はそれほど難しくないです。現役の学生や20代の人には簡単でしょうね。しかし僕にとっては初めて勉強するに等しい訳でして、油断は禁物です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

一夜明けて [論文]

昨日論文式試験の必須科目が終了しました。
皆様お疲れ様でした!!
 本日論点発表されると思いますがその前に少しだけ所感を残しておきたいと思います。
まず、特実、意、商、全てについて、非常に素直な良い問題だったと思います。基本的な項目についてある程度の幅で深みのある答案が求められたのだと思います。予備校のように大量の論点を挙げさせたり、ひねりを利かせすぎたり、ということもなかったのではないかと思います。
 僕の答案は、というと。特に特実1問目については情けないほど薄っぺらい答案だったと思います。正直緊張のあまり舞い上がり、分割を思いつくのに時間が掛かってしまったし、公開後の出願であることを盛り込んでないし、きちんと論理立てできていません。
とにかく良い問題だったと思います。あれをきちんとこなせることが、弁理士になるということなんだと痛感させられました。
 一応昨日の内に再現答案も作成しておきました。今後の役に立つと良いなと思います。本日発表されるであろう論点を元に、再度答案構成やり直しておいて、そこからは選択式試験のために身の回りのレジュメなどを片付けます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

論文前の最後のブログ [勉強]

 論文試験まであと3日となりました。ここ数日間色々なことが起きた気がします。直前期なので余計に敏感なのかもしれませんが、ICレコーダの調子がおかしくなったり、腕時計が壊れたり。そして仕事が忙しくなってしまったり、その他の事情でイライラしたり。弁理士試験のための勉強って、精神的な強さが試されるような気がします。というか、僕の弱さが露呈してしまうことがあり、本当に良い勉強になります。幸い体調は悪くありませんのでまずは平静を保って試験に挑めるか否かが僕にとっての最初の関門だと思います。
 さて短答が終わってから今日まで本当にあっという間でした。LECで受けた答練と模試の結果は全て返ってきました。最低点は25点。最高点は70点。25点の添削をされた方に感謝です。弱点を沢山教えていただきました。70点を採点された方にも感謝です。希望の光が見えました。このところは基本的に毎日全文書きを欠かさないでやってきましたが、まだまだ慣れません。全文書きは前日までやり続けようと思います。一方で答案構成ももっとやっておきたいです。まだ手を着けていない論点がある筈ですし、そこから出題されてしまうと25点の世界が待っているのかもしれません。あとは、定立とあてはめのバランスというか、記載量が多いだけにあせると上手く書けないのを克服したいです。
 先週の日曜日は試験会場に下見に行ってきました。いよいよ始まります(必須科目が)。どこまでやれるか分かりませんが、平静を保ってベストを尽くすのみです。

選択は・・・そのあとで考えます^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。